fc2ブログ
2024 / 04
≪ 2024 / 03 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2024 / 05 ≫

ソルフェージュと楽典を学ぶために、趣向を凝らした教材が色々と販売されていてパソコンゲームなどもあります。
生徒が楽譜を自由に読めるようになって欲しいと色々試し、自分でも作ったりしていましたが、身につくまでなかなか難しいです。ピアノはそれなりに弾けるようになっても、譜読みが遅くて辛かったり、拍子が取れなかったり。ワークをやってはみても果たして効果があるのか疑問ですし、興味を持たせる=最大の壁が立ちはだかります。

PTNAのHPでミュージックマインドゲームズの記事を見つけて「これ!良さそう。知りたい!!」と思い、先日、指導者のための講座に参加してきました!

講師の先生お二人のチームワークでとてもテンポ良いレッスンだったのが印象的です。楽しく、そして温かい講座でした。受講生が生徒役となり、ゲームを体験していきます。ゲームが楽しいこともさることながら、教材の手触りや色合いが良くてワクワクしっぱなし。
3歳が感覚で楽しむことのできるゲームから中学生や高校生も学べる楽典まで実に300以上のゲームがあるそうで〜。自然と反復できるルールがあり、確認作業までが一連の流れ。生徒が自発的に取り組めるように導く仕組みが良く考えられていて、凄い!よく、こんなことが思いつくわ〜〜と興奮の連続でした。

これは早速子供達とやってみよう!と教材を購入し、小1、小2、小3の3人、個人レッスンの最初に行いました。フィーネというカードゲーム。ドからシまでのカードを並べて、並べ終わったらフィーネと言います。ゲームそのものはシンプルですがきゃっきゃと喜び、小3は今度はレから並べてみると生徒自ら提案。3人ともその後のピアノレッスンが程よいテンションでスムーズに運びました。

今回習ってきたものを学年に合わせてまずはやってみたいと思います。マカダミアナッツ(ウクレレ&ヴォーカルグループ)のみんなに付き合ってもらおうかな。そうそう、子供だけでなく大人も楽しめると思うのです。楽器はやっているけど、楽譜は読めなくて、ちょっと知りたいけれど今更勉強もねーという方にぴったりな気が。

HPで他のゲームの使い方も見ることができるそうですが、そのゲームの意味合いを理解して正しく使うことが大事なのかなー。先ほどの3人とのレッスン内でも、つい説明的になってしまって、講座で学んだポイントとずれてしまった!と反省だったので。声かけ、アプローチが重要!!開発者からのメッセージには「講師が陽気なエンターテイナーになったつもりで楽しんで!」とあります。

セミナー、今度は冬にあるとのことなので、今から楽しみです。5日間コースで150種類ほど学ぶんですって。
私が使いこなせるようになって、生徒が楽しく学んで、使える楽典力を身につけられたら嬉しいな〜〜と半ば祈るような思いです。これ公立の小学校でやったらいいのに。

ミュージックマインドゲームズHP(英語です)

【興味深いですね】
どの教科に関わらず、授業は「興味・関心」や「自発的」と綺麗事をたくさん並べて教える側は(自己満の)教材作りをするのですが、結局子ども達って素直なので「できた・わかった」経験から興味や関心を高めていくんですよね。今度お会いした時にミュージック…ゲームを教えてほしいです!
【】
勿論!一緒にやってみましょう〜♪ぜひ、遊びに来て〜
私が楽しんでいて、それを子供も好きになって笑顔になるのが、また嬉しいんですよね〜これ、人間の本能ですよね。

自己満の・・・(笑)そうそう、それそれ。いくつ玉砕したことか。

音楽を特別に習っていない子も楽譜読めたら良いなぁ〜目指せ〜ミュージックマインドゲームズ公立小学校普及😊
この記事へコメントする















矢崎有佳

Author:矢崎有佳
ピアノ教室にて3歳から90代の音楽好きのみなさんと、より美しい音を求めて奮闘中。素敵な弦楽器・管楽器奏者さんと室内楽のコンサートに出演させていただいています♪
北海道北広島市在住

ピアノ・ソルフェージュ教室生徒募集中!
北広島市内・円山公園駅近辺にて
メールフォームよりお問い合わせください。

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
パリでの写真が2009年、日本時間になっております。カメラの表示が違いますが、ご了承ください。3月28日分からパリ時間に訂正しました。
ご訪問ありがとうございます